ファンダイビングと体験ダイビングの違い

ファンダイビングと体験ダイビングの違い 一般にライビングライセンスを取得し、行うダイビングをファンダイビングと言います。
一方、ダイビングライセンスを取得せずに行うダイビングを体験ダイビングと言います。
ファンダイビングにおいて、ショップでダイビングの機材を借りる際にはライセンスの提示を求められています。また、機材は自分で選び、そのセッティングを行います。
中には自分で機材を購入している者もいます。基本的にダイビングポイントや深さに関する制限はなく、基本的に自由なダイビングを楽しむことができます。
但し、漁場など、危険だと思われるポイントでのダイビングは禁じられています。ソロダイビングも可能ですが、安全性の為、二人以上でのダイビングが推奨されています。
一方、体験ダイビングでは、ライセンスが不要な分、専門のインストラクターが付いています。
ショップで機材を借りる際には、ショップ側の人が機材を選び、そのセッティングをしてくれます。
また本格的にダイビングを行う前に、インストラクターから、ダイビングに関する技術指導が行われます。その後、ダイビングを行いますが、ファンダイビングとは違い、ソロダイビングはできません。必ず、インストラクターと共にダイビングを行います。
また、ダイビングポイントやその深さにも制限があり、安全性を十分に考慮したポイント、または水深10m程度の深さまでのダイビングとなります。
このように、ファンダイビングはダイビングを自由に行えるものとなっており、体験ダイビングはダイビングの一端を体験することができるようになっています。

ライセンスの有無で変わるファンダイビングと体験ダイビング

ライセンスの有無で変わるファンダイビングと体験ダイビング ファンダイビングと体験ダイビング。
この二つの違いを決定づけるものはライセンスの有無であることを知っている方は知っているでしょう。
体験ダイビングは未経験者向けのダイビングで、あらかじめ用意された講習を受けたのちに水深10mほどの安全な場所で潜ることができます。
一方でファンダイビングはライセンスを取得しているダイバーが楽しむためのダイビングです。
このライセンスとは通称Cカードと呼ばれており、民間の指導団体が実施する技能講習を修了した証明として発行されるカードのことです。日本でのCカードの立場は法的な処置がされていないために車の運転免許書のような効力はありませんが、ダイビングポイントでダイビングに関わるサービスを受けるためには必要不可欠な存在です。
ここで忘れていけない事はCカードは証明するカードであって保証するカードではないということです。最低限の知識はあるものの、技能面は取得者次第という意味となっているのです。
そのためであっても取得者の安全を配慮して限られた水深や範囲など節約はありますが、体験ダイビングと比較すれば自由は高く、ダイビングに魅了された方は取得されるケースは多いです。
なお国外はもちろん海外での使用も可能です。

ダイビングに関する情報リンク

初心者から上級者まで、豊富なメニューを用意したダイビングショップのサイト

沖縄 ファンダイビング